top of page
検索

AI技術で加速するスマートハウス

デジタル技術を活用して、健康増進を図るというテーマについて、本日は日本を代表しているような企業で色々検討されているということを伺っており、改めてデバイス(IoT)の技術の進歩と最近話題のAIの組み合わせで、近い未来において、早期に病気を検知して、早期に治療するというようなことは可能になる可能性は非常に高いのかと思います。


スマートハウスと呼ばれるテーマになるそうですが、自宅に各種センサーを配置して、健康状況のモニタリングをするのはもちろんのこと、体調変化を初期検知すると同時に必要と判断された場合は、専門家との連絡を取ることができるような健康管理及び健康増進に寄与する仕組みは既に実現可能な段階にあります。


データを取得して、取得したデータを分析して、最適な提言を行うという仕組みになりますので、情報管理をどうするのか、国内では課題となる模様ですが、医療行為とそうではないサービスでの法令対応をどうするのかなど、法令面での課題がまだまだ多数残されており、技術的には実現できそうですが、法令面での整備、法令に対応した情報管理の仕組みをどのように実現していくのかが課題ということになるかと思います。


AIの技術進化により、医療のサポートとしては活用できるという流れになっておりますが、AIが判断した医療上のリスクを自宅でそのまま提供して良いのかという部分は非常にセンシティブな問題になるのかと思います。


スマートハウスのテーマは実は中国でも実際に進んでおり、自宅と医療機関を結んで健康管理している事例がありましたので、これから高齢化が課題となる国々ではヘルステック(スマートハウス)を含めて巨大ビジネスになっていくことは間違いないと思います。


スマートハウスの市場は同時に複数の大手国内企業が動いているという事実からもかなり注目されているのか思います。


IoTデバイスからデータを集めて、集めたデータよりAIを育成して、社会発展させていくという流れは加速していくことは間違いないと思います。



株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

藤井秀樹

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page