top of page
検索

量子力学

不思議な学問(一般的には)である、量子力学においては、これまでオカルトと言われてきたような内容が真剣に議論されているそうです。



書籍の紹介になりますが、

現象が一変する「量子力学的」パラレルワールドの法則

村松 大輔 著


最新の量子力学において議論されている内容を日常生活に当てはめたらどのようなことが言えるのかをわかりやすく解説している内容となっております。


量子力学的には、存在が曖昧なパラレルワールドも存在する可能性が高い、あるいは、存在するはずということになるそうです。


人間自体がどのような存在かということを量子力学的には、ほとんど実体のないスカスカの波のような存在ということになるという解説がされています。


量子力学には、有名な観測するまで結果がわからないという不確実な存在であるという有名な性質もあり、科学的には、人間が願うことは、自身の周波数を意図的に変化させることができると、結果も変ってくるということになります。


有名な引き寄せの法則を最新の量子力学が正しいということを証明しているということになるかと思います。


目指す未来を明確にしてみて、実は思い通りになるわけでもないのですが、希望を持って感謝の気持ちで現実を観測していくことがとても重要と改めて納得しております。


量子力学的には、愛と感謝(の波動)で生きることがとても説得力があると改めて思いました、書籍との出会いに感謝ですね。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 代表取締役CEO

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page