検索

防災

自治体DXのテーマの1つですが本日は防災について書いてみたいと思います。


なお、このテーマについては深くこれまでは考えておりませんでしたので、今回偶然ですが、提案をさせて頂く機会を頂いた自治体と実際に大雨の災害が発生しており詳しくそのテーマについて知ることになりました。

少し調べてみると、有名なパランティアなどが実は、災害データを活用した防災発生時の被災状況分析のサービスを提供していたりします。

損害保険会社の被災地における被害額査定などに、パランティアのデータを活用することができるそうです。

自治体においても、災害が発生する前において、各自治体ごとの状況を把握して、いざという時に、すぐに対策ができるように備えることが必要とされており、各自治体ともに力を実は入れているテーマになるとわかって参りました。(=考えてみると当たり前ですが)

そこまで準備している自治体があるかは今後確認していきたいと思いますが、災害が発生した後に、災害から復旧するための土建屋の手配を自動的に行う仕組みを用意していくことは現在の技術だと可能といえる模様です。(こちらは今回自治体に提案しているチームが準備している内容となります。)

また、各自治体に所属する住民の情報を有事には自治体に情報共有するような個人情報の扱いに配慮した仕組みというのも現在のデジタル技術を活用すると可能になります。(こちらも提案したい内容となっております。)

防災というテーマは、事前の対策(デジタルの意味では情報の把握)

そして、いざという時の対策及び復旧対策という一連のフェーズでデジタルが活用可能ということになります。

今後、このテーマについて深く理解して、提案及び実際に各自治体の支援をさせて頂く機会を探っていきたいと思います。




藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示