検索

STO

私の個人的な興味が尽きないSTOですが、詳しい方に簡単な講義をして頂きました。


国内においては、改めて黎明期にあり、今後色々なテーマでSTOが適用されるはずであるという内容を習いました。



当初は、ユースケースとしては不動産が有力ということになるそうですが、次に可能性があるのが、


航空機

船舶

映画 などなど

色々な事例が出てくるそうです。国内ではまだまだ事例がないテーマのようで、これから整理されていくことになる模様です。


不動産STOについては実はメタバースとの相性は良いか微妙(必ずしも、メタバースとは関係がない)という意外な意見を頂いたものの、今後事例が出てくる、航空機STOや映画STOに関してはメタバースとの相性が良いのではないかという意見を頂きました。


不動産NFTというテーマが世界的には話題となっていると理解しておりましたが、国内においては不動産STOは既に事例がある程度あり、実は保有している方々はあまりトークンを保有するという感覚が薄いという状況になるそうです。


不動産メタバースの活用方法としては、国内の法令を考えてまずは、物件の内覧などの活用に留めるというのが現時点では良さそうということも教えて頂きました。

今後、実際に業界をリードされる方だと思いますのでもっと教えて頂けるように勉強していきたいと思います。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#STO

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示