検索

CBDC

今後の日本がどうなるかを占うテーマの一つだと思いますが、CBDCの研究は日本でも進んでいるという記事や報道が最近目につくようになりました。 ライバルというべきかは、微妙ですが、中国や米国のスタンスも現在はCBDCに積極的という状況ですので、日本がもし、CBDCを発行しないと国際社会の決済の世界から出遅れることになりかねないと思います。 世界の基軸通貨は相変わらずUSドルとなりますが、CBDCで他の通貨がその覇権を脅かすことは十分にあり得ると思います。最近の米国のスタンスもその脅威は十分に理解して、CBDCの研究を急いでいるという感じになってきている印象です。 発展途上国では既に、一部CBDCは発行されているようですので、事例としては盛り上がってますが、マイナーな通貨であるが故に、普及には苦戦しているということのようです。

暗号資産の状況とよく似ているといえるかと思いますが、世界の基軸通貨としてCBDCが勝つのか、もしかしたらイーサリウムのような暗号資産が生き残るのかという競争もあり得ると考えております。 貧困層を救うあるいは、金融サービスにアクセスをしてもらうという意味でも、通貨のイノベーションは必要であり、時代の必然として結局CBDCの競争は世界の覇

権とも関連して盛り上がるのかなと思っております。 とても注目するべきテーマだと個人的には考えております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#CBDC

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示