top of page
検索

AIの開発競争と自動運転による月面着陸

少し前に取り上げておりました、人類は改めて月面着陸をしたのかについてですが、興味があり、ChatGPTに聞いてみました。


その結論は、月面着陸はしているというシンプルな回答でした。


先日日本のスタートアップ(ispace)が挑戦して失敗したことが話題となっていますが、その原因はソフトウェアの不具合であったそうです。


故に、いわゆる、自動運転がうまくできなかったため、月面に着陸できなかったと考えると、有人飛行の方が、月面着陸は簡単なのかもしれないと思い、改めて、有人飛行であったが故に、50年前は成功しており、現在は自動運転による月面着陸に挑んでいると考えると、難易度が高いと言えるのかと思います。


来年、再挑戦がIspaceからアナウンスされていると同時に、USでも競合となるような企業がすでに2社あり、どの企業が一番初めに無人で月面に着陸できるかという競争になっているそうです。


この競争は、現在話題のAIの開発競争とも関係していると想定されます。自動運転を可能になる高度なAIの開発を月面着陸でも競っているという状況になるのかなと思います。


50年前のITと比較すると現在のアイフォン1台の技術で、月面着陸を成功させたという喩えがされていたことを聞いたことがあります。


現在のテクノロジーの進化が月面着陸にも自動運転を適用としている競争と考えるとロマンがあると思います。



株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

藤井秀樹

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page