top of page
検索

ChartGPT

連日話題のAIであるChat GPTの活用について取り上げます。


生成系AIなので、基本的にはやりたいことを頼むと答えてくれるAIということになり、色々な企画をする上で、これまで人間が考えて企画していた内容を、聞いたら答えてくれるという仕組みになります。


なので、日本の保険業界の見込み客にメタバースでイベントをするとしたらどんな企画が良い? と聞いてみました。(回答は時期によって変化していくようですので、定期的に聞いてみるのも必要となる模様です)



日本の保険業界向けのメタバースマーケティングのアイデアとしては、以下のようなものが考えられます。

  1. 保険契約のサポート:メタバース上に保険契約のサポートを設置し、顧客が契約手続きを行いやすい環境を提供することができます。顧客が契約手続きを完了すると、メタバース内に保険契約書を保存することができます。

  2. リアルタイム相談窓口の設置:保険に関する相談窓口をメタバース内に設置し、リアルタイムに保険に関する疑問や質問に答えることができます。また、相談者の情報を元に、最適な保険商品を提案することもできます。

  3. 保険の仮想体験:メタバース上に仮想空間を設置し、災害や事故などのシミュレーションを行うことで、保険の重要性や必要性を体験的に理解することができます。

  4. イベントの開催:メタバース内で保険に関するイベントを開催し、保険商品や保険に関する知識を広めることができます。イベントに参加することで、保険商品の詳細を知ることができるだけでなく、保険会社との直接のコミュニケーションも可能になります。

  5. バーチャルインフルエンサーの活用:メタバース上にバーチャルインフルエンサーを登場させ、保険商品の魅力をアピールすることができます。保険に対する興味を持っていない若年層や、保険に関する知識が不足しているユーザーにアプローチすることができます。

これらのアイデアを組み合わせることで、保険業界向けのメタバースマーケティングを展開することができます。 とChat GPTは答えてくれました。 すべてアイデアとしては、アリで特に5について研究してみたいと閃きを頂きました。 AI(Chat GPT)に感謝ですね。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page