top of page
検索

DAOの社会実装

国内で、Web 3.0のテーマの恐らく一番重要なテーマの1つがDAOの社会実装ということになると考えております。

これまでの中央集権的な世界から、管理者不在の分散型の世界を構築するということになりますので、相当難しいテーマだと思います。

最新の状況について有識者にWeb 3.0のDAOについて社会実装する方法について議論をさせて頂いております。

法的には現在、DAO自体は禁止されてはいないと解釈できるようですが、逆にどのような法令に従い社会実装するべきかについては、明確な答えはないという状況と言えるそうです。

投資に関するDAOというスキームは割と世界的に実績があるようですが、自治体における課題を解決するような事例については、国内の新潟県山古志村が有名ですが、政策決定にDAOを用いる事例も出てきております。

現在、議論をさせて頂いているDAOのアイデアは、Web 3.0のもう1つの重要は論点となる個人情報の売買というテーマになります。

マイナンバーカードにあやゆる情報を紐付けることが実現して、その情報の価値を見出した上で、実際に情報を売買するという仕組みは成立するのか、この場合、仮に名前をつけるとしたらマイナンバーカードDAOということになり、Web 3.0のど真ん中のテーマであり、国内の政策のど真ん中のテーマということになります。

アイデアとしてはWeb 3.0としてはあり得るのですが、あまりに壮大かつ社会インパクトの大きい発想ということになりますので、どこから考えるべきかしっかり議論してみたいとはなっています。

Web 3.0の国内実装の議論を深めてみたいと考えております。


周囲にいらっしゃるすごい方々に感謝です。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 代表取締役CEO

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page