検索

Defiの時代到来

ついに、日本経済新聞のトップに先日、Defiが掲載されていましたので、取り上げたいと思います。


Defiとは分散型の金融サービス

Decentralized Financeの略称となります。


まだ一般の方々には馴染みがない単語だと思いますが、仮想通貨業界では、最も注目されている(実は少しブームが去りつつある)キーワードです。


実際に使ってみるとわかりますが、Defiを使うのは難しいです。一般的には何をしているのかよくわからないと言っても良いと思います。(実際に使ってみて思いますが、かなりスキルの高いメンバーでトライしてもUniswapに流動性を登録するのにかなり苦労しましたので)


ネガティブなことを取り上げると、管理者不在というコンセプトですので、使いづらくても丁寧に助けてくれる人(あるいは組織)はありません。


なので、現在は上級者だけの仕組みという要素はありますが、私としては将来の可能性を相当感じており、Defiが今後一般的になっていく可能性は2つの観点であります。


その1)低コストで速いという意味では間違いないです。

その2)これまでできなかったことができます。つまり世界的な通貨を作ることだって簡単です。


これまでにできないことを簡単に素早くできるという意味で無限の可能性を感じております。


課題は、ユーザビリティと不正対策なのだと思います。(記事にもありましたが)


日経新聞のトップにくるぐらいですので、いよいよDefiの時代が来るのかもしれないと思っております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#Defi #日経新聞

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示