検索

ESG投資とスコアリング

ESG投資においても企業のスコアリングは重要だそうです。


世界中にESGのスコアリングをしてくれる格付け企業は今や結構あるそうです。


スコアリングということで、改めて難しいなと思いますのは、多数スコアリング提供している企業があり多数の評価があるということは、どれが正しいのか考える必要があるということです。


例えば、ESGの場合は、オーナー系企業が良いのか、いわゆる色々な種類の経営者を集めている方が良いのかで評価がわかれるそうです。


日本の場合は、私は圧倒的にオーナー系企業の方が良い気がしております。

理由はいくつかありますが、兎に角日本の場合は、意思決定が遅いです。これは海外からも指摘されてきましたが、日本でスタートアップを経営していてつくづく思います日本の意思決定の遅さは酷い。

なお、オーナー系でも意思決定が早いかというとそうでもなく、相対的にはマシだと思いますが、早いとはいえないと思います。


私が開発したい、トラストスコアにおいても同じような議論がでてくると想像しております。特許を取得している考え方に従い色々な企業に研究して頂いた方が改めて良いのかなと考えており、将来仕組みや特許をライセンシングできるようにしていかないといけないと考えた次第です。


スコアリングの世界について今後も研究して参りたいと思いますが、ESGのテーマは参考になると想定しております。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#ESG投資 #スコアリング #トラストスコア #オーナー系企業

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示