検索

NFTとの邂逅

当面ブームが続くと考えているのが、NFTです。

前回からの続きで取り上げますが、私が目指しているのが、デジタルツインの活用です。


つまり、デジタル空間にもう一人の自分を作り出し、もう一人の自分を活用したデジタルライフを創造するというのが私の構想ですが、偶然なのか必然なのか、NFTがまさにぴったりな技術です。


デジタルツインをNFT化することで、各個人の特徴を確実に1つのデジタル存在にすることが可能です。


デジタルツインとスコアリングの概念を組み合わせると、デジタルツインの特徴量をまとめることが可能です。


デジタルツインのDNAということもできるかと思いますが、デジタルツインの特徴に合致したサービスをスマートコントラクトで提供するというモデルが実際に可能になってきている手応えがあります。


なお、サービス提供の自動化の面では、AIのことを念頭にしておりましたが、Defiでも良いと考えております。


つまり、デジタルツインのNFT化したAvatarに対してスコアリングしてスマートコントラクト(Defi)でサービス提供するモデルというのは全て技術的には揃っていることになり、私の構想は実現可能ということになります。


NFTとDefiの組み合わせに私が考えている特許であるスコアリングを組み合わせると色々なDAOが実現可能であると考えております。


残念ながら、すぐに実現できるとはいうことができず、インフラとなるデータロッカーを完成させること、つまり情報銀行の部分をしっかり成立させる必要があります。


もう1つ重要なのが、オラクルと呼ばれる現実空間とデジタル空間での事実の把握をどうするかという問題も解決していく必要があります。


なお、技術的にはオラクルもデータロッカーも実現は可能ですので、現在のNFTが出てきた偶然あるいは必然の出会いに感謝しております。私の夢は実現できる可能性がNFTの登場により可能性が高くなりました。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#NFT化 #デジタルツイン

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示