検索

NFTブーム

新聞を読んでいると、NFTの売上規模が全世界的に拡大しているという記事を読みました。


世界規模で、現在4500億円(月間レベル)にもなっているそうです。


改めて、現在のNFTブームがどこまで続くかは不明ですが、数字の上では人気はすごいのだと思います。


技術的にいえば、データの全てをNFTにすることは不可能であり、また仮にNFT化できても永遠に使えるファイルフォーマットというのも難しいので、現在のNFTブームがどこに帰結するのかは興味深いと考えております。


画像データ1つ考えてみても歴史の変遷で色々なファイル形式が登場しており、数年経過してから、実際に画像として見ることができるNFTサービスがどの程度あるのかは興味深い課題です。


それでもこれだけ人気が出るというのは、過熱感もあるとは思いますが、何か新しいムーブメントだと考えて良いと思います。


メタバースとの関係も深いと言われるNFTですが、考え方によっては、資金調達の手段としても活用可能だと言われており、一種の資金調達(クラファン)の考え方で、メタバースのランドをNFTで販売するというのも流行ったりしています。


どんなメタバースでも永遠に使えるNFTというのはまだ確立されていないと理解しておりますので、今後何らかの技術的な担保がされているのだと思いますが、このブームに乗っかり、資金がブロックチェーン業界に供給されることで新しいイノベーションが起きてくこと期待できるかと思います。


NFTがブームなのは良いことであり、業界に関与している私としてもブームに乗っかると同時に、何かイノベーションを起こせたらと考えております。



藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示