検索

MMT

現代貨幣理論というのを皆さんはご存知でしょうか?

Modern

Money

Theory

の略で、MMTと呼ばれていますが。

現在のコロナ対応で、日本国政府が国民1名あたり10万円支給するというのが話題になっていますが、この政策決定による財政赤字が問題の日本国政府は大丈夫なのか?というテーマに対して、これまでと異なる見解を出している理論になります。

私も過去の常識では、これ以上日本国政府の財政赤字を増やしてどうすると思っておりましたが、MMTによれば問題無しという結論になります。

複雑なロジックは割愛すると(私が理解できているか怪しいというところもありますので)

政府の赤字が増えないと民間部門の黒字は増えないということを緻密に説明している理論ですので、単純に、現在の状況だと、政府の赤字を増やして、民間部門の黒字を増やすしかないこと、また、その通貨自体も政府が自由に印刷することが可能なので、問題ないということになります。

私の理解ですが、日本国政府が世の中から信頼されている間は、通貨の価値が暴落しないので、このロジックは成立しますが、日本国政府が信頼されなくなるような事態が発生した場合にはどうなるのかな?というのが、まだ理解が不十分なMMTへの反論になります。

この非常事態において、財政の規律を維持する前に、民間を救済するという意味では、10万円支給の効果は経済学的には乗数効果も期待できますので、10万円を皆さんが貯蓄せずに使うと効果が絶大だと思います。

皆さんが貯蓄すると折角の10万円の効果がなくなりますので、皆さん使いましょう!首相は言うべきではないかと考えております。

私の息子たちは、10万円を完全にお小遣いだと考えており使う気満々です。

このスタンスが正しく、首相の政策の隠れた支持者だと思います。


藤井秀樹

株式会社クロス・デジタル・イノベーション 最高経営責任者CEO


#藤井秀樹 #MMT #現代貨幣理論 #経済学 #10万円支給 #XDI

28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示